福岡|西新の古着・雑貨の店【ichigo-ichie?】ブログ

本物ならではのカッコよさ!40s USAF B-11フライトジャケット

こんにちは。福岡|西新の古着屋・雑貨の店 “ichigo-ichie?” の村田です。

本日は超レアなミリタリーアイテムのご紹介です。

ご紹介するのは米軍エアフォース、B-11。

雰囲気バツグンな一着

このジャケット、米軍エアフォースのB-11ジャケットとで、ミリタリーフライトジャケット史に名を残す名作です。

このB-11フライトジャケットはB-9フライトジャケットと同時期に採用されたもので
コットン素材のアウターシェルで、ライニングはアルパカの生地を使用しています。

存在感のあるカッコよさ!

このB-11ジャケットは第二次世界大戦中に米陸軍航空隊が使用した中で、最も高い防寒能力発揮したフライトジャケットの1つで
後にN-3シリーズに引き継がれるベーシックな形で、希少なジャケットなのです。

1943年7月22日にヘビーゾーンからベリーヘビーゾーンの気温域に対応する為の防寒フライトジャケットとして、採用され。

コットンシェルとアルパカライニングを使用することで、タイプ B-7などで問題となっていたコスト面と耐久性の面の双方を解決したもので
B-11の高い防寒能力を発揮して第二次世界大戦の後期には、厳冬期のヨーロッパ戦線での爆撃機の搭乗員に加えて、
戦闘機のパイロット達にも使用されました。

B-11と電熱飛行服の両方を着用する事によって、冬季には摂氏マイナス30度にもなる爆撃機の中で活動可能にしたジャケットです。

希少サイズ“38

本来はフード裏にはムートンなのですが、今回入荷分は化繊の白ボアに変更されています。

プロによってきれいに変更されていますので、見た目も違和感もなく、個人的には
街で普段使いをするなら、知らの方か使いやすいのではないかと思います。

その使用方法により真冬の防寒着としては申し分ない1着で、当時の物にしか出せない圧倒的な雰囲気はカッコいいです。

本物ならではのカッコよさ!

エアーフォースマークはしっかりと残っていて、本物ならでは雰囲気がカッコいい一着です。

サイズもカッコよく着こなせる“38”なので、ミリタリーアウターの野暮ったさはないと思います。

他人とは被らない本物ミリタリーアウターをお探しの方におススメです。

ほんとにカッコいいのでぜひ、ご試着してみてくださいね。

それでは、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

◎気になる商品などお気軽にお問い合わせください(通販も致します!) TEL/FAX 092-843-2200 ichigoichie81@gmail.com
<福岡|西新の古着屋・雑貨の店 “ichigo-ichie?”|福岡市早良区西新5-6-5楢木荘2F >
★楢木荘の仲間達:bygones(カフェ/バー)ROJIURA BAKERY(パンやさん)楽園(居酒屋さん)