福岡|西新の古着・雑貨の店【ichigo-ichie?】ブログ

こんなスニーカーが欲しかった!この夏に履いて欲しいシンブルスニーカー

こんにちは。福岡|西新の古着・雑貨の店 “ichigo-ichie?” の村田です。

本日は新入荷アイテムのご紹介です。

ご紹介するのは夏に履いてほしいスニーカーのご紹介です。

シンプルさが素敵!

スニーカー・・・ハイテクのものからローテクのものまでいろいろありますが、私、個人的にはローテクのシンプルスニーカーが大好き。

私もいろんなスニーカーをこれまで履いてきましたが、やっばり戻るのはローテクのシンプルスニーカーなのです。

本日、ご紹介するのはメイドインスロバキアのラバーシューズ専門ブラントのスニーカー。

1992年のブラント設立以来、一貫してスロバキア生産に拘り、フィッシャーマン、ハンター、ロガー、消防士など
厳しい環境で働くワーカー達の足元を支え続けているブラントのもの。

雰囲気バツグン!

そのブラントの中でこのモデルは“Walk in Style”と呼ばれるコレクションで、東欧のみならず、ヨーロッパ全土に
また、アメリカの好感度なセレクトショップへ展開しているスニーカーなのです。

面構えも素敵です!

今回入荷したモデルはアメリカ製のスニーカーではあまり採用されていない、伝統的な『バルカナイズ』製法(これがカッコいい)を
用いています。

素朴でクラッシックなデザインの中にヨーロッパメイドの洗練さが反映されています。

まるで、70年代のヨーロッパ映画に登場する主人公が、細身のデニムにあわせているノーブランドのスニーカーのような
素朴でストイックな雰囲気。

そんなイメージからこのスニーカーは『Cinema Snerker』となずけられました。

クッション性もバツグン

ラバーシューズ専門ブラントだけあって、取り外し可能な分厚いインソールは最適なクッション性を約束してくれます。

使用されているキャンバスやゴムの素材も東欧ならではの懐かしさを感じさせてくれるものであり、
紐の先のシルバーのアイレットもデザインのポイントになっています。

BLACKもカッコいい!

限りなくシンプルでいて、機能的。でも、どこか素朴で懐かしい「Cinema Sneaker」。

履けばはくほどカッコよくなります。

クタクタになるまで履きつぶして、愛着のある一足に育ててほしいスニーカーです。