福岡|西新の古着・雑貨の店【ichigo-ichie?】ブログ

シンプルだけどカッコよくて、愛着がでる服!ヴィンテージフレンチワークジャケット

こんにちは。福岡|西新の古着・雑貨の店 “ichigo-ichie?” の村田です。

本日、ご紹介するアイテムは昨日に引き続き“ichigo-ichie?”の大人気商品のフレンチワークもの。

モデルは“60s~70sのフレンチワークジャケット”をご購入頂いたOB学校の〇様です(ありがとうございました)

素敵なポーズありがとうございました!

〇様にチョイス頂いたのはフランスの老舗ワークブランド“Adolphe Lafont(アドルフ・らフォン)”の
60s~70sモールスキンの新品/デッドストックワークジャケット。

フランスらしいブルーが素敵!

モールスキンの肉厚コットンの存在感とフランスらしいブルーのカラーがこの服の価値を高めてくれています。

今では再現できない当時の素材感は着込むほどに当たりがでてきて、
モールスキンならではの雰囲気バツグンの1着になること間違いなしのジャケット。

ヴィンテージ感あふれる生地とディテール

フロントに3つのアウトポケットのシンプルなデザインはとっても可愛くて、着る人を上品に見せてくれます。

本来はワークジャケットなのにこの上品・上質感はさすがフランスといった感じですね。

シンブルなデザインですが、ロールを描いた丸い襟など、ヴィンテージならではのディテールもカッコいいのです。

そして、ワークジャケットならではの襟が平面的なので中に着たシャツがしっかり衿元からでるので、いろんな着こなしが楽しめます。

私個人的にはオックスフォードの白やブルーのシャツやボーダーのカットソーにあわせるととっても素敵だと思います。

こてこてしたデザインやカラーではなく、シンプルなデザインや着込むほどに風合いがますフレンチブルーのカラーが
魅力的な1着です。

とってもお似合いです!

しかも、このジャケット、1960~70年製の新品/デッドストックの商品なので、これから、着込んでいくうちに
着る人の動きにあわせて色落ちて来て、愛着のある1着になると思います。

自分色に染まっていく服って、とっても素敵ですよね。

〇様、ガンガン着こんで素敵なジャケットに育てていってくださいね~♪

シンプルでカッコいい!

“ichigo-ichie?”にはモールスキンタイプをはじめ、ヘリンボーンや綾織タイプのフレンチワークジャケットも
たくさん入荷しておりますのでシンプルで飽きが来ない長く着れる服をお探しだった方、ぜひ、ご来店頂いて試着してみてくださいね。

それでは、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

◎気になる商品などお気軽にお問い合わせください(通販も致します!) TEL/FAX 092-843-2200 ichigoichie81@gmail.com
<福岡|西新の古着屋・雑貨の店 “ichigo-ichie?”|福岡市早良区西新5-6-5楢木荘2F >
★楢木荘の仲間達:bygones(カフェ/バー)おかあさんや恵風(ごはんやさん)ROJIURA BAKERY(パンやさん)楽園(居酒屋さん)